Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

iPhone Mania(アイフォンマニア)は、最新のiPhoneやアップル関連の情報サイトです。海外からの最新リーク情報や面白情報、裏技、基礎知識、アプリなどのお役立ち情報まで、幅広くiPhoneのことをご紹介しています!

older | 1 | .... | 26 | 27 | (Page 28)

    0 0

    iphone6s
     
    ワイモバイルは2日、10月上旬に販売開始すると予告していたiPhone6sの32GBモデル、128GBモデルについて、発売日が10月6日となったことを発表しました。機種代金はすでに発表されています。

    新機能搭載の最新機種が不要で、コストを抑えたい人にオススメ

    ワイモバイルは9月25日に、iPhone6sを取り扱うことを発表し、機種代金も明らかにしていました。同じくiPhone6sを10月に発売予定のUQ mobileも料金を発表していますが、実質負担額で比較すると両社とも、32GBモデルが月額1,404円から利用できる設定となっています。
     
    ワイモバイル、UQ mobileが取り扱うのは、2015年に発売された4.7インチ端末iPhone6sの32GBモデル、128GBモデルです。
     
    iPhone6sシリーズの特徴としては、ホームボタンはiPhone7/7 Plusから変更された感圧式ではなく、物理式のものを搭載しており、カラーはiPhone6sシリーズからの新色となるローズゴールドと、スペースグレイ、ゴールド、シルバーの4色展開です。動く写真が撮影できるLive Photos、ビデオ撮影では4K撮影にも対応しており、3.5mmイヤホンジャックも搭載されています。
     
    iPhone8 iPhone6s
     
    iPhone8/8 Plusと比べると、iPhone6sシリーズは防水(耐水)性能が搭載されておらず、ワイヤレス充電にも対応していません。カメラ性能では光学式手ぶれ補正に対応していないなど、2年前発売の機種なので最新機種と比べると性能差がありますが、新機能は必要なく、なるべくコストを抑えてiPhoneを利用したい方にはオススメではないでしょうか。
     
     
    Source:ワイモバイル
    (asm)

    投稿 ワイモバイル、iPhone6s 32GB、128GBを10月6日に発売iPhone Mania に最初に表示されました。


    0 0

    iPhone 7
     
    Appleが発表した新しい報告書によると、iPhone 7のパッケージのプラスチック使用量は、iPhone 6sと比べて84%少なくなっています。毎年2億台以上売れているiPhoneは、パッケージ一つとってみても、環境への負荷を抑える工夫は全体で大きな効果をもたらします。

    パッケージに施された2つの工夫とは?

    まず、外箱の中のプラスチックトレーの数が2枚から1枚へと減らされました。iPhone 6sでは、デバイス本体と、充電器・EarPodsを2枚のトレーで隔てていたところ、iPhone 7のパッケージでは、1枚のトレーでアクセサリを収納しつつ、端末を支えられるよう工夫されています。
     
    また、iPhone 7から、石油系プラスチックの使用をやめ、繊維系物質のトレーへと切り替えられました。
     
    加えて、EarPodsを格納する容器がプラスチックケースから外箱に完全にフィットする硬いボール紙に変更されました。
     
    結果として、iPhone 7のパッケージのプラスチック使用量は、iPhone 6sと比べて84%少なくなっています。
     
    iPhone 7

    Appleの紙とパッケージ戦略

    Apple’s Paper and Packaging Strategy(紙とパッケージ戦略)と名付けられた新しい報告書から、iPhoneパッケージの環境負荷の削減が明らかになりました。
     
    2013年に、Appleの環境プログラム責任者としてリサ・ジャクソン氏が入社してからというもの、Appleの環境への取り組みは大きく変わったといわれています。
     
    ジャクソン氏は、オバマ大統領時代にアメリカ合衆国環境保護庁長官を務めたことでも知られています。
     
     
    Source:Apple’s Paper and Packaging Strategy via Business Insider
    (lexi)

    投稿 iPhoneパッケージ、2つの工夫でプラスチック使用量を劇的に削減iPhone Mania に最初に表示されました。


    0 0

    iPhone7とiPhone7 Plus
     
    11月3日発売のiPhone Xが10月27日より予約受付開始となったことを受け、ソフトバンク、auは、新機種購入時にこれまで利用していた端末を買い取る下取りプログラムの設定価格を改定しました。NTTドコモは10月1日に改定しており、現在の下取り金額は10月31日までの価格となっています。
     
    ▼ ソフトバンク ― MNPのiPhone7/7 Plusを増額
    ▼ au ― MNPのiPhone7/7 Plusを増額
    ▼ ドコモ ― 機種変・MNPとも6s Plus/7/7 Plusを増額

    ソフトバンク ― MNPのiPhone7/7 Plusを増額

    ソフトバンクの下取りプログラムでは、24回の分割割引となる通信料の割引と、ソフトバンクカードへのプリペイドバリューチャージの2種類の特典を用意しており、機種変更では両方、乗りかえ(MNP)は通信料割引のみ適用されます。
     
    ソフトバンクは、MNPのiPhone7、iPhone7 Plusの下取り価格を、10月27日から増額しています。機種変更の設定価格は、10月30日現在も9月19日以降とした価格が掲載されており、変更はありません。
     

    ソフトバンク
    機種変更
    10月30日現在の下取り価格 9月19日以降の下取り価格
    iPhone7 Plus 36,000円 +4,800円分 36,000円 +4,800円分
    iPhone7 30,840円 +4,800円分 30,840円 +4,800円分
    iPhone6s Plus 24,240円 +4,800円分 24,240円 +4,800円分
    iPhone6s 12,480円 +4,800円分 12,480円 +4,800円分
    iPhone6 Plus 12,480円 +4,800円分 12,480円 +4,800円分
    iPhone6 12,480円 +4,800円分 12,480円 +4,800円分
    iPhone SE 9,600円 +4,800円分 9,600円 +4,800円分
    iPhone5s 7,200円 +4,800円分 7,200円 +4,800円分
    iPhone5c 2,400円 +4,800円分 2,400円 +4,800円分
    iPhone5 2,400円 +4,800円分 2,400円 +4,800円分
    iPhone4s 2,400円 +500円分 2,400円 +500円分
    iPhone4
    iPhone3GS
    iPhone3G
    2,400円 +500円分 2,400円 +500円分

     

    ソフトバンク
    乗りかえ(MNP)
    10月27日以降の下取り価格 9月19日以降の下取り価格
    iPhone7 Plus 45,600円 29,040円
    iPhone7 40,800円 29,040円
    iPhone6s Plus 29,040円 29,040円
    iPhone6s 17,280円 17,280円
    iPhone6 Plus 17,280円 17,280円
    iPhone6 17,280円 17,280円
    iPhone SE 10,800円 10,800円
    iPhone5s 7,200円 7,200円
    iPhone5c 4,800円 4,800円
    iPhone5 2,400円 2,400円
    iPhone4s 2,400円 2,400円
    iPhone4
    iPhone3GS
    iPhone3G

    au ― MNPのiPhone7/7 Plusを増額

    auの下取りプログラムでは、機種変更の場合は、下取り対象の機種を1ポイント=1円相当の「WALLETポイント」での還元という形で下取りします。乗りかえ(MNP)の場合は、「24回にわたる通信料の割引」「本体価格からポイント還元」のどちらかを選択します。
     
    auは、MNPのiPhone7、iPhone7 Plusの下取り価格を、10月27日から増額しています。機種変更は、掲載している期間を10月27日以降としているものの、設定価格に変更はありません。
     
    表の価格は、機種変更はポイント還元額(円)、乗りかえ(MNP)は「本体価格からの還元額(円)」または「通信料割引額×回数(円)」として掲載しています。
     

    au
    機種変更
    10月27日以降の下取り価格 9月22日以降の下取り価格
    iPhone7 Plus 40,500円 40,500円
    iPhone7 35,640円 35,640円
    iPhone6s Plus 23,760円 23,760円
    iPhone6s 17,280円 17,280円
    iPhone6 Plus 19,440円 19,440円
    iPhone6 17,280円 17,280円
    iPhone SE 15,120円 15,120円
    iPhone5s 8,640円 8,640円
    iPhone5c 7,020円 7,020円
    iPhone5 7,020円 7,020円
    iPhone4s 5,400円 5,400円
    iPhone4
    iPhone3GS
    iPhone3G

     

    au
    乗りかえ(MNP)
    10月27日以降の下取り価格 9月22日以降の下取り価格
    iPhone7 Plus 最大 40,500円
    または 1,688円×24回
    最大 24,840円
    または 1,035円×24回
    iPhone7 最大 35,640円
    または 1,485円×24回
    最大 20,520円
    または 855円×24回
    iPhone6s Plus 最大 23,760円
    または 990円×24回
    最大 23,760円
    または 990円×24回
    iPhone6s 最大 17,280円
    または 720円×24回
    最大 17,280円
    または 720円×24回
    iPhone6 Plus 最大 16,200円
    または 675円×24回
    最大 16,200円
    または 675円×24回
    iPhone6 最大 16,200円
    または 675円×24回
    最大 16,200円
    または 675円×24回
    iPhone SE 最大 11,880円
    または 495円×24回
    最大 11,880円
    または 495円×24回
    iPhone5s 最大 8,640円
    または 360円×24回
    最大 8,640円
    または 360円×24回
    iPhone5c 最大 6,480円
    または 270円×24回
    最大 6,480円
    または 270円×24回
    iPhone5 最大 4,320円
    または 180円×24回
    最大 4,320円
    または 180円×24回
    iPhone4s 最大 2,160円
    または 90円×24回
    最大 2,160円
    または 90円×24回
    iPhone4
    iPhone3GS
    iPhone3G
    最大 2,160円
    または 90円×24回
    最大 2,160円
    または 90円×24回

    ドコモ ― 機種変・MNPとも6s Plus/7/7 Plusを増額

    ドコモの下取りプログラムでは、良品と画面割れ品で大きく下取り価格が異なります。下取りは店頭または郵送から選択できます。
     
    ドコモは10月30日現在、10月1日~10月31日期間の下取り価格を公開しており、9月22日以降の価格と比較すると、機種変更・MNPともにiPhone6s Plus、iPhone7、iPhone7 Plusを増額しています。
     

    ドコモ
    機種変更
    10月30日現在の下取り価格 9月22日以降の下取り価格
    iPhone7 Plus 46,000円 30,000円
    iPhone7 41,000円 30,000円
    iPhone6s Plus 31,500円 26,568円
    iPhone6s 26,568円 26,568円
    iPhone6 Plus 22,000円 22,000円
    iPhone6 22,000円 22,000円
    iPhone SE 17,000円 17,000円
    iPhone5s 11,000円 11,000円
    iPhone5c 6,000円 6,000円
    iPhone5
    iPhone4s
    iPhone4
    iPhone3GS
    iPhone3G

     

    ドコモ
    乗りかえ(MNP)
    10月30日現在の下取り価格 9月22日以降の下取り価格
    iPhone7 Plus 46,000円 30,000円
    iPhone7 41,000円 30,000円
    iPhone6s Plus 31,500円 26,568円
    iPhone6s 26,568円 26,568円
    iPhone6 Plus 22,000円 22,000円
    iPhone6 22,000円 22,000円
    iPhone SE 17,000円 17,000円
    iPhone5s 11,000円 11,000円
    iPhone5c 6,000円 6,000円
    iPhone5 1,000円 1,000円
    iPhone4s 1,000円 1,000円
    iPhone4
    iPhone3GS
    iPhone3G
    1,000円 1,000円

    なおApple StoreのiPhone下取りプログラムも、10月27日に設定価格を改定し、iPhone6以降の多くのモデルで増額しています。
     
     
    Source:ソフトバンク (MNP, 機種変更), au (MNP, 機種変更), NTTドコモ
    (asm)

    投稿 キャリアのiPhone下取り価格、10月27日から一部機種を増額iPhone Mania に最初に表示されました。


    0 0

    iphone6s

     
    KDDI傘下のビッグローブは11月1日、iPhone6siPhone SEを近日発売する、と発表しました。発売時期や価格については、後日発表される予定です。

    UQ mobile、ワイモバイルとiPhoneの品揃えで同等に

    ビッグローブが、iPhone6siPhone SEの販売を開始することにより、同じKDDIグループでauのサブブランドであるUQ mobileと、iPhoneシリーズの品揃えでは同等となります。
     
    また、ソフトバンクグループのワイモバイルも、iPhone 6sとiPhone SEを販売しています。
     
    ビッグローブが、iPhone取り扱いMVNOとして先行するUQ mobileやワイモバイルを追撃するべく、戦略的な価格を打ち出してくる可能性もあります。

    いずれも最新のiOS11が利用可能

    iPhone 6sは2015年9月に発売され、画面を強く押して操作できる3D Touchが搭載されたモデルです。
     
    2016年3月に発売されたiPhone SEは、iPhone 6sと同じA9チップを搭載しながら、4インチのコンパクトなボディが支持を得ています。
     
    いずれもハードウェア的には最新モデルではありませんが、最新のiOS11が利用可能なので、セキュリティ面では問題なく利用できます。

    2016年末にKDDI傘下になったビッグローブ

    元NEC系のISP(インターネットサービスプロバイダ)のビッグローブは、2016年末にKDDIが総額800億円で買収、完全子会社化しています。
     
    2017年6月に市場調査会社のMM総研が発表した、国内MVNO市場実績において、ビッグローブは事業者別シェアで6位になっています。

     
     
    Source:ビッグローブ
    (hato)

     
     

    投稿 ビッグローブ、iPhone6sとiPhone SEを近日発売iPhone Mania に最初に表示されました。


    0 0

    ARView
     
    Amazonは米国時間11月1日、Amazonショッピングアプリ内で利用できる「AR view」を発表しました。ただし、現時点で利用できるのは、米国ユーザーのみとなっています。

    数千種類の商品から選択可能

    オンラインショッピングにおけるARを利用した家具・家電配置サービスは、IKEAビックカメラなどすでに多くの企業によって導入されていますが、このたび世界最大のショッピングサイトAmazonでもAR機能「AR view」の提供を開始しました。
     
    AR viewを利用すると、大型の家具から小型の花瓶やトースター、Amazonの「Echo」といったものまで数千種類の商品から選択して自宅の仮想現実空間内に試し置きすることができます。

    iOS11がインストールされたiPhone6s以降の端末で利用可能

    なお本稿執筆時点でAR viewを利用できるのは、iOS11がインストールされたiPhone6s以降の端末をもつ米国ユーザーのみで、日本でのサービス開始時期等は発表されていません。
     
    AR viewはAppleARKitを元に構成されているため現時点ではiOSにしか対応していませんが、今後、Googleが新しく発表したARCoreを活用することでAndroidでも利用できるようになることが予想されます。
     

     
     
    Source:CNET Japan
    (kotobaya)

    投稿 AmazonもAR機能を提供開始 11月1日からアメリカで先行開始iPhone Mania に最初に表示されました。


    0 0

    iPhone6s iFixit

     

    古いiPhoneの動作が遅い原因は古くなったバッテリーにあったようです。ベンチマークアプリGeekbenchで収集したデータを分析した結果、古いiPhoneほどパフォーマンスが低下する傾向があることが明らかになりました。

    バッテリーが古いとiPhoneの動作速度は抑制される

    先日、「古くなったiPhoneのバッテリーを新品に交換したら動作が速くなった」というトピックが海外の掲示板サイトRedditで話題となりました。
     
    ベンチマークアプリGeekbenchの開発で知られるPrimate Labsの創業者、ジョン・プール氏は「これはiOSがバッテリー状態に応じてiPhoneのパフォーマンスを制御しているためではないか」と考えました。
     
    つまり、バッテリーが古くなり、電力供給が不安定になった状態で高すぎる負荷がかかると突然のシャットダウンを招くため、過剰な負荷がかからないよう、iOSがiPhoneの動作速度を意図的にセーブしているのではないか、というわけです。
     
    そこでプール氏は、Geekbench4で収集した、iOSのバージョンごとのiPhone6sとiPhone7のベンチマークスコアを比較したグラフを公開しました。

    最近の結果ほどパフォーマンスに差が出る

    まず、2015年に発売されたiPhone6sのデータです。グラフは、横軸がベンチマークスコアで、山の高さはそのスコアを出した端末の数を示しています。
     
    iOS10.2、iOS10.2.1、iOS11.2の3バージョンのiOSでiPhone6sのベンチマークテストの結果を比較すると、iOSのバージョンが新しいほど(=測定時点でiPhoneが古くなっているほど)、スコア分布にばらつきが出ていることがわかりました。

     
    まず、iOS10.2を搭載したiPhone6sでは、2,500前後に大きな山があり、スコアが集中していることがわかります。
     
    iPhone6s iOS10.2.0
     
    iPhone6sの突然のシャットダウン問題に対処してリリースされたiOS10.2.1では、4つの小さな山が増えています。1,000や1,400前後と、当初の半分程度のスコアにとどまる端末の山も見られます。
     
    iPhone6s iOS10.2.1

     
    12月初めにリリースされたiOS11.2では、さらに差が大きくなっています。ベンチマークスコアが1,000や1,400程度の山がiOS10.2.1よりも高くなっているのが目立ちます。
     
    iPhone6s iOS11.2.0
     
    これは、iOS11.2配信の時点で、2015年に発売されたiPhone6sのバッテリーが古くなっており、出力が不安定なためにパフォーマンスが抑えられている、と考えることができます。

    iPhone7にもバッテリー劣化の影響が出始める

    2016年の発売から1年余りのiPhone7でも、すでに影響が出始めています。
     

    iOS10.2では3,400程度に山が集中しており、iOS10.2.1でも大きく形は変わっていません。
     
    iPhone7 iOS10.2
    iPhone7 iOS10.2.1
     
    しかし、iOS11.1.2になるとグラフの山が若干なだらかになり、低いスコアを示す端末が増えています。
     
    iPhone7 iOS11.1.2
     
    そして、iOS11.2では1,800前後や2,300前後と、2,600前後に山ができており、これはiOS10.2.1をインストールしたiPhone6sのグラフと近い形状になっています。
     
    iPhone7 iOS11.2.0

    iPhoneのバッテリーは8,800円(税別)で交換可能

    iPhoneのバッテリーは、バッテリー残量ゼロからフル充電までを1サイクルと数える「フル充電サイクル」を500回繰り返したときに、本来の容量の最大80%の容量を維持できるように設計されています
     
    使い方によりますが、およそ2年使うと多くのユーザーが「そろそろバッテリーの持ちが悪くなったな」と感じるのは、端末のバッテリーが弱ってきているのが理由です。
     
    もし、バッテリーが弱っても同じiPhoneを使い続けたい場合、保証対象外の修理でも8,800円(税別)で修理が可能です。
     
    古くなって出力が安定しなくなったバッテリーを交換するだけで、iPhoneが生まれ変わるかもしれません。

     
     
    Source:Geekbench via MacRumors, Apple「iPhone の修理サービス料金」
    Photo:iFixit

    (hato)

    投稿 バッテリーが古いとiPhoneは遅くなる!?ベンチマークスコアで検証iPhone Mania に最初に表示されました。


    0 0

    ケース外部
     
    奈良県で120年続く畳屋店「織田畳店」から、本物の畳でできたiPhoneケースが発売されました。

    畳×本革の独特な風合い

    「葵(Aoi)シリーズiPhoneケース」は、畳と本革でできた手帳型iPhoneケースです。カラーバリエーションは「鳳凰(黄)」「かぎろひ(黒)」「吉野桜(赤)」「鶴(茶)」の4色。
     
    iPhone用葵(Aoi)シリーズ
     
    ケース外部には、天然イ草の3倍の強度があり撥水加工も施された「セキスイ樹脂製表の畳表」が使われています。樹脂製のため色褪せる心配もなく、使い込むほどに手に馴染んでいくのが特徴です。
     
    ケース内部は、本革(牛革)製となっています。片面にはカードポケット2カ所、差し込みポケット、フリーポケットが付いており、カードやお札も収納可能です。また、持ち運びの際にカードが落ちないよう、横向きにカード収納が備えられている点も特徴的です。
     
    ケース内部
     
    iPhone取付面は、特殊吸着パッドで簡単に取り外しができる仕様になっています。接着面が可動式となっているので、スマホ本体を上にスライドさせることで写真撮影が可能です。
     
    写真撮影時スマホをスライド

    iPhone6s/7/8/Xに対応

    本ケースはiPhone6s/7/8/Xに対応しているほか、同サイズのAndroid端末でも使用可能です。
     
    価格は通常ケースが税込16,740円、ストラップ装着に便利なDカン付きケースが税込16,956円で、ケース本体に加えて、ブランドロゴが刻印されたニットクロスも付いてきます。
     
     
    Source:織田たたみ via 藤巻百貨店
    (kotobaya)

    投稿 本物の畳でできたiPhoneケースが登場!iPhone Mania に最初に表示されました。


    0 0

    iphone6s
     
    ソフトウェアアップデートでiPhoneの旧モデルにおいて、動作速度が減衰する問題が大きく取り沙汰されたことを受け、Appleはバッテリー交換料金の割引を実施していますが、バッテリー交換前と後のiPhone6sの性能を比べた動画が投稿されました。パフォーマンスの目に見える変化を確認することができるだけでなく、ベンチマークでも大きな差が出ている模様です。

    バッテリー交換前と後のデバイスを左右に配置

    先週末、YouTube上にユーザー名Bennett Sorbo氏が投稿した動画では、「アプリを開く」「ウェブブラウジング」「ゲームプレイと動画再生」などのCPUに多くの負荷がかかるタスクで、バッテリー交換前と後のiPhone6sのパフォーマンスが比較されています。
     
    動画の左側にあるのがバッテリー交換前のiPhone6sで、画面右側がバッテリー交換後のiPhone6sとなっています。
     
    動画の投稿主は、バッテリー交換がサードパーティーによるものなのか、それともAppleにより行なわれたのかを明らかにしていませんが、動作性能に大きな違いを確認できます。
     

     
    バッテリー交換前のiPhone6sは、与えられたタスクを終えるのに5分45秒かかりましたが、バッテリー交換後は同じタスクを4分33秒で完了しています。
     
    加えて、Geekbenchのベンチマークテストも実施されましたが、バッテリー交換前のiPhone6sのスコアが、シングルコアで1,437ポイント、マルチコアで2,485ポイントであったのに対し、バッテリー交換後はシングルコアで2,520ポイント、マルチコアで4,412ポイントに達し、大きな差がみられることがわかっています。
     
     
    Source:AppleInsider, Bennett Sorbo/YouTube
    (lexi)

    投稿 バッテリー交換前と後のiPhone6sのパフォーマンスの違いを比較した動画iPhone Mania に最初に表示されました。


    0 0

    iPhone Trick Cover iPhoneケース ニットー
     
    キャラクターをあしらった製品から耐衝撃など特化した性能をもつ製品、薄さを重視した製品など、世の中にはさまざまなiPhoneケースが販売されていますが、Twitterに投稿された”ヌンチャク”のようなiPhoneケースが話題を呼んでいます。

    iPhoneケースのカバーをすばやく開閉してトリックを決める!

    TwitterユーザーOmiさん(@03_kosuke)が3月9日に投稿した動画つきツイートが、本稿執筆時点で5万件を超えるリツイート、11万件を超えるいいねと大きな反響を集めています。その内容とは……まずはツイートの動画をご覧ください。
     

     
    動画で紹介されているのは、カバーの開閉操作が片手でできるのが特徴のiPhoneケース「iPhoneトリックカバー」です。開閉操作を連続して行うことでさまざまなトリック(技)が出せるのですが、光景はさながらヌンチャクを振り回しているかのようです。
     
    iPhone Trick Cover iPhoneケース ニットー
     
    これだけを見るとユニークなiPhoneケースという印象ですが、カバーを付けたままスリープボタンなどの操作も可能で、カバーを反転させることでiPhoneのほぼ全面を保護することができます。ディスプレイ部分をカバーできるので、ポケットに入れていて勝手に発信するといった誤動作も防止します。
     
    そしてカバー部分はスタンドとしても利用可能で、スタンドの角度は無段階で調整できます。
     
    iPhone Trick Cover iPhoneケース ニットー
     
    また、背面にはICカードを収納できます。
     
    iPhone Trick Cover iPhoneケース ニットー
     
    カバーを付けたことによる電波の受信感度への影響は、フィールドテストモードを使って装着前後の数値変化を検証し、ケース装着による電波障害はほとんどないとしています

    横浜のプレス金型メーカー・ニットーが製造、販売

    ケースを手がけるのは、横浜市のプレス金型メーカー・ニットーです。ペン回しやバタフライナイフのアクションなど、”その行為に意味はないけれどちょっとしたカッコ良さや遊び心がある、そんな感覚をiPhoneで味わいたい”というのが開発のきっかけだったと、特設ページで明かしています。
     
    「楽しいモノづくりから日本を元気にしたい!」を製品開発のテーマに、モノづくりを支えてきた町工場の取り組みが評価され、第30回神奈川工業技術開発大賞 ビジネス賞を受賞しています。

    iPhone5~iPhone Xまで対応、価格は2,600円から

    対応機種はiPhone5、iPhone5s、iPhone SE、iPhone6/6 Plus、iPhone6s/6s Plus、iPhone7/7 Plus、iPhone8/8 Plus、iPhone Xで、アルミ製、アルマイト製、樹脂製が販売されています。
     
    価格は2,600円からで、対応機種とケース素材によって変わります。注文はオンラインショップにて受け付けています。ショップではケースのカバー部分も個別購入できます。
     
    iPhoneトリックカバー公式Twitterアカウント(@TrickCover)によると、iPhone8/8 Plus、iPhone X向けのトリックカバーの予約受け付けを開始したと発表しています。
     

     

     
     
    Source:Twitter(@03_kosuke), ニットー公式サイト, YouTube(NITTO), iPhoneトリックカバー特設サイト
    (asm)

    投稿 華麗な手さばきでヌンチャクになるiPhoneケース、ツイッターで話題iPhone Mania に最初に表示されました。


    0 0

    iOS11.3 iOS11.2.6 比較
     
    iOS11.3と、直前のバージョンであるiOS11.2.6の動作速度を、iPhoneの各モデルで比較した動画をYouTubeチャンネルのiAppleBytesが公開しました。

    iPhone8/7/6s/6/5sで動作速度を比較

    日本時間3月30日未明に公開されたiOS11.3は、バッテリー状態を簡単に確認できる機能をはじめとする新機能が追加されたほか、Siriがロック中のiPhoneの非表示メッセージを読み上げるバグの修正など、不具合が修正されています。
     
    iOS11.3 iOS11.2.6 比較
     
    公開された動画は、iPhone8、iPhone7、iPhone6s、iPhone6、iPhone5sの5モデルのiPhoneで、iOS11.3と直前のバージョンであるiOS11.2.6(2月20日公開)を同時に操作し、動作速度の違いを比較するというものです。
     
    手作業で同時に操作しているため、厳密な比較ではありませんが、参考にご覧ください。

     

    iPhone8:iOS11.3とiOS11.2.6で動作に差なし!

    まず、2017年秋発売の最新モデル、iPhone8での比較です。
     
    iPhone8を起動し、様々なアプリを立ち上げて、スクロール、写真や地図の拡大・縮小を繰り返し、ベンチマークテストアプリを動作させています。
     
    iPhone8での比較の結果、iAppleBytesは「iOS11.3はよくできている。ベータ版の時の問題や遅れは解消されており、動作、起動ともにiOS11.2.6と同じ程度のスピードだ。まだiOS11.2.6を使っているなら、アップデートをお勧めする」と高く評価しています。
     

     

    iPhone7:iOS11.3とiOS11.2.6で動作に差なし!

    2016年秋発売のiPhone7は、先日発売されたばかりのiPad(第6世代)と同じ、A10 Fusionプロセッサを搭載しています。
     
    iPhone7でも、起動した後に各種アプリを立ち上げて操作し、ベンチマークテストアプリを動作させて比較します。
     
    比較の結果、「iOS11.3とiOS11.2.6はほぼ同等に動き、ベータ版で見られた不具合や遅れは解消されている。iOS11.3へのアップデートをお勧めする」と、iPhone7でもiPhone8と同様、iOS11.3を高く評価しています。
     

     

    iPhone6s:iOS11.3とiOS11.2.6で動作に差なし!

    2015年秋発売のiPhone6sでの、iOS11.3とiOS11.2.6の比較テストです。
     
    起動そしてアプリの動作でも、iOS11.3とiOS11.2.6の間に目立った動作速度の違いはありませんでした。
     
    iAppleBytesはiPhone6sでも、iOS11.3へのアップデートを勧めています。
     

     

    iPhone6:iOS11.3とiOS11.2.6で動作に差なし!

    2014年秋発売のiPhone6でも、iOS11.3とiOS11.2.6の間で起動とアプリの動作に大きな差は見られません。
     
    ただしベンチマークテストアプリを動作させると、iOS11.3の方が遅い場面があります。
     
    iAppleBytesは、iPhone6sでの比較と同様「iOS11.3もiOS11.2.6も、ほぼ同じようにスムーズに動作する」と、iOS11.3でも問題ないと評価しています。
     

     

    iPhone5s:iOS11.3とiOS11.2.6で動作に差なし!

    2013年秋発売のiPhone5sは、4世代前のモデルということもあり、起動にかなりの時間がかかっていますが、iOS11.3とiOS11.2.6はほぼ同時に起動し、アプリの動作にもほとんど差は見られません。
     
    iAppleBytesは、iPhone5sについてもiOS11.3へのアップデートを推奨しています。
     

     

    結論:各モデルとも、iOS11.3へのアップデートを推奨

    比較した各モデルでは、iOS11.3とiOS11.2.6の間で起動、アプリの動作ともに大きな差は見られませんでした。
     
    iOS11.3は公開から丸1日経っても不具合も発見されていないことから、安心してアップデートしても良さそうです。
     
    なお、iAppleBytesは、iPhone6s、iPhone6、iPhone5sについては、iOS10.3.3とiOS11.3の動作を比較した動画も公開しており、「両バージョン間でベンチマークテストアプリでやや違いがあるものの、大きな差はない」と評価しています。
     

     
     
    Source:YouTube(iAppleBytes)
    (hato)

    投稿 iOS11.3にするとiPhoneは速くなる?動画で比較iPhone Mania に最初に表示されました。


    0 0

    mineo
     
    ケイ・オプティコムは5月15日より、同社が運営する格安SIM「mineo」にて、メーカー認定整備済品のiPhone 6sを販売開始すると発表しました。

    iPhone 6sの16GBモデル、カラーはローズゴールド

    今回、mineoで取扱を開始するのはiPhone 6sの16GBモデルで、カラーはローズゴールドです。
     
    iPhone 6s 16gbモデル ローズゴールド
     
    価格は49,800円(税別)と、以前Apple公式サイトで販売していた16GBモデルの78,800円(税別)よりも30,000円弱安くなっていますが、端末は新品ではなく北米版仕様のメーカー認定整備品となります。
     
    メーカー認定整備品とは、不具合のあった端末をAppleで修理し、Appleオンラインストアで再販しているモデルです。
     
    正規品と比べて、
     

  • 個装箱が異なる
  • 不具合のあった部品はApple純正の部品に交換されている
  • 外装やアクセサリーは新品に交換されている
  •  
    といった違いがありますが、新品と遜色なく使うことができます。
     
    なお、電源アダプタに関しては、日本でも使用可能なPSEマークが記載された日本仕様のものに変更されているとのことです。

    1年間の保証付き

    保証に関しては、新品同様にAppleによる1年間のハードウェア保証がつきます。
     
    また、端末購入後30日以内であれば、AppleオンラインストアやApple Storeにて、「AppleCare+」や「AppleCare Protection Plan」に加入することも可能です。
     
    ただし、mineoで提供している「端末安心保証サービス」には加入できないとのことです。
     
    今回、mineoで取り扱うモデルはローズゴールドのみですが、今後は他のカラーも展開できるよう、引き続き調達を進めるとしています。
     
     
    Source:mineo スタッフブログ
    (kotobaya)


older | 1 | .... | 26 | 27 | (Page 28)